育成光線とは

2020/06/12 ブログ

こんにちは。

関東甲信越の梅雨入りが発表されましたね。

ここ長野県上伊那でも昨日から雨が降り続いています。

みなさん気温の変化で体調を崩さないよう気を付けてくださいね。

 

今は太陽が隠れていることが多いですが、、、

今日は太陽光に含まれる「育成光線」についてお話したいと思います。

太陽光の中には、近赤外線と、中赤外線と、遠赤外線があります。遠赤外線の中の特定の波長を「育成光線」といって、生命に欠く事のできない大変重要な波長です。

人体はおよそ9μmの波長を持っているので、同じ波長の育成光線を吸収すると共鳴し、身体の分子が活発に活動します。その熱エネルギーが血行・新陳代謝を促進させ、温泉に入ったように身体を芯から温めます

育成光線で直接身体に吸収されて中から温める床暖房が、「遠赤王」です。

冷え性の方、ぜんそく・アレルギーをお持ちの方、肩こり・腰痛・乾燥肌でお悩みの方におすすめです!

https://youtu.be/lRDqWom1d1Q

詳しくはこちらの動画をご覧ください♪